Close Protection Training

(身辺警護トレーニング)

本格的な身辺警護トレーニングを通して、護身にとっても重要な事前警戒・事前察知・事前回避をお伝え致します。

​日程及び内容

​第1回「身辺警護の概要+基本+思考」(3時間)

​・トレーニング説明

​第2回「身辺警護の概要+基本+思考」(3時間)

​・座学

​第3回「警護活動要領①・エスコート実習①」(3時間)

​・警護セクション(同行・先着)、基本隊形等についての座学(約2時間)

​・エスコート実習(約1時間)

​第4回「エスコート実習②」(3時間)

​・エスコート実習(約3時間)

​第5回「警護活動要領②」(3時間)

​・警護セクション(私邸・車両)、場面(状況)別についての座学(約3時間)

​・時間が余ればエスコート実習

​第6回「車両乗降①」(3時間)

​・座学(約30分)

​・実習(約2時間30分)

​第7回「ドライビング①&車両乗降②」(3時間)

​・ドライビング(車列含む)&車両乗降の実習(エスコート含む)

​第8回「簡易盗聴発見&特殊機材の使用方法&ビークルチェック」(3時間)

​・簡易盗聴発見&GPS&発信機・無線機の使用方法​&ビークルチェック(実技)

​第9回「ドライビング②&車両乗降③」(3時間)

​・ドライビング(車列含む)&車両乗降の実習(エスコート含む)

​第10回「警護計画①」(3時間)

​・警護計画に関する講義&実査&実技

​第11回「緊急回避&エスコート③&車両乗降④」(3時間)

​・車両乗降時&エスコート時の緊急回避トレーニング

​第12回「警護計画②×簡易模擬訓練」(3時間)

​・模擬訓練

​・事前に設定を渡す為、それを基に実査(アドバンス)&警護計画を策定し提出。

​ 警護計画を基に警護実施。

​第13回「総合模擬訓練」(約8時間~10時間)

全13回(約46時間) ¥45,500

​※1ヶ月に4回実施予定の為、月謝¥14,000 (3ヶ月目は5回実施の為、¥17,500)

​※受講人数は基本的に3名(最大4名)。1名でも実施。

​※トレーニング中には公共交通機関(電車・バス・タクシー等)等の費用が別途必要

​※個別受講(例として、第7回のみの受講希望等)は不可