top of page
  • tn0702bg

対監視④

あくまで私の経験ですが、要人警護と一般の方の警護では、切迫した状況で依頼が来る一般の方の警護が危険度は高くなります。


襲撃者は必ず待ち伏せ・張り込み、尾行等の監視をおこないますから、監視者に気付けるかどうかが重要になる為、対監視のノウハウを持たない警護員がチームに加わる事は本来あり得ません。


例えば警護員2名で警護をおこなう場合、1名が先着として目的地に先乗りして、出入口や導線の確認、関係者との打ち合わせをおこない、受け入れ体制を整え、警戒等をおこなうケースがあります。


その際、対象者の情報が公になっていたり、普段からよく行く場所の場合、待ち伏せされている可能性がありますから、先着警護員が監視の有無を確認出来るかどうかは非常に重要になる訳です。


ちなみに、単に調査員として現場をこなした経験だけでは無く、調査の現場で複数人の指揮を執った経験が無いと、組み立てが出来ない為、対監視としては甘い視点でしか見れないかもしれません。



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

他社のトレーニングの件について

当ブログで他社様のHP等を記載している関係か、ボディーガードになりたいが、どこでトレーニングを受けたほうが良いのか?内情は?等々、他社様のトレーニングについての質問をよく頂きますが、弊所よりお答えすることはございませんので、ご理解頂きたく思います。 敢えてお伝え出来るのであれば、様々な所でトレーニングを積んでみれば如何ですか?という事です。

久々です

かなり久しぶりの投稿になります。 ブログを更新していなかった為、トレーニングは現在も実施しているのかという問い合わせを何件も頂きましたが、大変ご迷惑をお掛け致しました。 現在もトレーニング自体はおこなっており、1名の方に調査トレーニングを実施しております。 ご興味のある方はご連絡下さい。

Comments


bottom of page