検索
  • SIJセルフディフェンス

対監視②

前回の続きです。


探偵が犯罪の片棒を担いでいるケースがあります。


食い詰めた探偵が、依頼者がストーカーとの認識があるのにも関わらず、金の為に調査を請け負ったり、ヤバい案件の為、現場の調査員には詳細を教えず、結果として現場の調査員は犯罪の片棒を担がされていたり等々。

元探偵や探偵学校卒業生がストーカーや犯罪者(盗撮犯も含め)になってるケースも聞いた事があります。


状況次第ではこういった連中が関わってくる可能性がある為、単に周辺を見たり、振り返るといった行動だけでは対応出来ない可能性が高い訳です。


また、探偵じゃなくても、複数人で監視している可能性もあります。

ちなみにストーカー規制法が制定されるきっかけとなった桶川ストーカー殺人事件では、相手は1人では無く、今でいう半グレみたいな連中複数人が関わっていた事件です。









29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示