top of page
  • tn0702bg

護身術に対する私見

HPに記載されているプログラム内容は、かなりざっくりした内容ですが、実際はかなり細か

くなっています。


また行動調査トレーニングでは、他の探偵学校では殆ど教えていないであろう内容も、知らないと護身として役に立ちませんから伝えていく予定です。


予定というのは、関係者との話の中で、そこまで教えるのはどうなの?となったからです。


手口を知らないと護れませんし、もったいつけるつもりはありませんが、調査のノウハウは犯罪に直結しますから色々思慮しています。


ちなみに私が格闘技としての護身術を教えないのは、事前回避が最も重要だと考えている点と、私自身、教えられる程強くもなくスキルもなく、対ナイフ、対銃等の経験に乏しいからです。


また、中途半端に護身術としての技を習うより、ガチスパーリングが経験出来る格闘技や武道を真剣に練習したほうがいいのではとも思ってます。


殆どの護身術や、護身術のインストラクターの方は何らかの格闘技や武道をベースとされてますし、経験されてる格闘技や武道の技の一部を切り取り、護身術として教えているケースが多いのではないでしょうか。

ですから、ベースとなる格闘技や武道を真剣に練習しながら、素手、護身具、身の回りの道具等を活用した護身術としての技を研鑽するのがベストだと思っています。



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

他社のトレーニングの件について

当ブログで他社様のHP等を記載している関係か、ボディーガードになりたいが、どこでトレーニングを受けたほうが良いのか?内情は?等々、他社様のトレーニングについての質問をよく頂きますが、弊所よりお答えすることはございませんので、ご理解頂きたく思います。 敢えてお伝え出来るのであれば、様々な所でトレーニングを積んでみれば如何ですか?という事です。

久々です

かなり久しぶりの投稿になります。 ブログを更新していなかった為、トレーニングは現在も実施しているのかという問い合わせを何件も頂きましたが、大変ご迷惑をお掛け致しました。 現在もトレーニング自体はおこなっており、1名の方に調査トレーニングを実施しております。 ご興味のある方はご連絡下さい。

bottom of page