検索
  • SIJセルフディフェンス

警護について③

1人でのエスコート(徒歩警護)時のポジションですが、基本は対象者の後方で、建物や個室等の出入り時は前方に位置するのが基本だと思います。


前後に動き過ぎると対象者からすると煩わしく感じたりしますから、目的地までの距離や、その場所での危機評価次第では、後方を気にしながら前方に位置してエスコートする場合もあります。


ただ、対象者の前方に位置している場合、視野が狭くなりますし、対象者の動きも気にしながらエスコートする為、直近の人物に意識が集中し、不審者の割り出しが難しくなります。


基本的に1人での警護は、特定の脅威が無い場合に限られると思います。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

周辺を観ましょう!

“硫酸”男 先月最寄り駅確認か 「おい花森」「花森さんだろ」大学時代呼び捨てで注意 8/30(月) 12:09配信 FNNプライムオンライン 東京・港区の地下鉄「白金高輪駅」で、25歳の男が大学の後輩の男性に、硫酸をかけて重傷を負わせた疑いで逮捕された事件で、2人が、7月に路上で遭遇したあと、男が後輩男性の自宅近くまでついてきたことが新たにわかった。 最寄り駅を確認した可能性があるという。 30日