検索
  • SIJセルフディフェンス

警護について②

最終更新: 2019年11月12日

警護員が車のドアや、扉の開閉をおこなうのは、単なるサービスではありません。


勿論、サービスの一面もありますが、状況をコントロールする為におこなう訳です。


もう少し分かりやすく言うと、警護員が車両のドア開閉をおこなう事で、危険を察知した場合に車両から対象者を降ろさない、すぐに乗せられるようにする為、また、扉を警護員が開けて先に確認する事で対象者の壁となり、すぐに閉める等の対応をおこなう訳です。


よって車両乗降時は対象者の動きばかりを気にするのではなく、周辺を見る(周辺警戒)ことが重要になります。


車両乗降時の警護員の動きや視線は、警護員のレベルを測る一つのバロメーターになります。


特に2名以上のチームでおこなう場合は、チームとしての練度がすぐに分かります。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

周辺を観ましょう!

“硫酸”男 先月最寄り駅確認か 「おい花森」「花森さんだろ」大学時代呼び捨てで注意 8/30(月) 12:09配信 FNNプライムオンライン 東京・港区の地下鉄「白金高輪駅」で、25歳の男が大学の後輩の男性に、硫酸をかけて重傷を負わせた疑いで逮捕された事件で、2人が、7月に路上で遭遇したあと、男が後輩男性の自宅近くまでついてきたことが新たにわかった。 最寄り駅を確認した可能性があるという。 30日