top of page
  • tn0702bg

警護について②

警護員が車のドアや、扉の開閉をおこなうのは、単なるサービスではありません。


勿論、サービスの一面もありますが、状況をコントロールする為におこなう訳です。


もう少し分かりやすく言うと、警護員が車両のドア開閉をおこなう事で、危険を察知した場合に車両から対象者を降ろさない、すぐに乗せられるようにする為、また、扉を警護員が開けて先に確認する事で対象者の壁となり、すぐに閉める等の対応をおこなう訳です。


よって車両乗降時は対象者の動きばかりを気にするのではなく、周辺を見る(周辺警戒)ことが重要になります。


車両乗降時の警護員の動きや視線は、警護員のレベルを測る一つのバロメーターになります。


特に2名以上のチームでおこなう場合は、チームとしての練度がすぐに分かります。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

他社のトレーニングの件について

当ブログで他社様のHP等を記載している関係か、ボディーガードになりたいが、どこでトレーニングを受けたほうが良いのか?内情は?等々、他社様のトレーニングについての質問をよく頂きますが、弊所よりお答えすることはございませんので、ご理解頂きたく思います。 敢えてお伝え出来るのであれば、様々な所でトレーニングを積んでみれば如何ですか?という事です。

久々です

かなり久しぶりの投稿になります。 ブログを更新していなかった為、トレーニングは現在も実施しているのかという問い合わせを何件も頂きましたが、大変ご迷惑をお掛け致しました。 現在もトレーニング自体はおこなっており、1名の方に調査トレーニングを実施しております。 ご興味のある方はご連絡下さい。

Comments


bottom of page