検索
  • SIJセルフディフェンス

警護について

警護は大きく4つ、同行警護班、先着警護班、調査班、車両班に分けられ、各々複数人でおこなう場合はチームとして活動します。


大統領等の公的警護になるとCAT等も加わりますが、国内の民間警護では配置出来ない為、省きます。


同行警護とは、一般の方々がイメージするボディーガードそのもので、対象者の直近で警護をおこないます。


先着警護とは、対象者の訪問先等に先回りしてチェックをおこない、受け入れ体制を整えます。


調査班は同行、先着チームより距離を取り、監視の有無、訪問先において盗聴盗撮機器、爆発物等の不審物の確認等を行います。監視を確認した場合、逆監視をおこなう為、黒子に徹することになり、対ストーカーに効果的ですが、人員の関係で先着が兼ねるケースが殆どです。


車両班はドライバー兼車両の安全確保をおこないますので、基本的に車両から離れることはありません。要人警護の場合、ハイヤーを利用するケースが多い為、車両の安全確保が重要となり、他のセクションの警護員が兼ねるケースが殆どです。


基本的に全てのセクションをこなせるのが、警護メンバーに加わる条件です。


予算的なこともあり、民間では1名〜3名の警護員が配置されるケースが殆どで、同行警護と先着警護の2チームに分かれ、調査は先着警護員(班)が兼ねるケースが殆どです。

14回の閲覧

事務所所在地:SIJ探偵事務所

 

神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢中町6-14-401

​※三ツ沢下町駅より徒歩4分

電話番号

TEL: 045-620-6488

お問い合わせ

info@sij-investigation.com

© 2019 by SIJセルフディフェンス