top of page
  • tn0702bg

警護について

警護は大きく4つ、同行警護班、先着警護班、調査班、車両班に分けられ、各々複数人でおこなう場合はチームとして活動します。


大統領等の公的警護になるとCAT等も加わりますが、国内の民間警護では配置出来ない為、省きます。


同行警護とは、一般の方々がイメージするボディーガードそのもので、対象者の直近で警護をおこないます。


先着警護とは、対象者の訪問先等に先回りしてチェックをおこない、受け入れ体制を整えます。


調査班は同行、先着チームより距離を取り、監視の有無、訪問先において盗聴盗撮機器、爆発物等の不審物の確認等を行います。監視を確認した場合、逆監視をおこなう為、黒子に徹することになり、対ストーカーに効果的ですが、人員の関係で先着が兼ねるケースが殆どです。


車両班はドライバー兼車両の安全確保をおこないますので、基本的に車両から離れることはありません。要人警護の場合、ハイヤーを利用するケースが多い為、車両の安全確保が重要となり、他のセクションの警護員が兼ねるケースが殆どです。


基本的に全てのセクションをこなせるのが、警護メンバーに加わる条件です。


予算的なこともあり、民間では1名〜3名の警護員が配置されるケースが殆どで、同行警護と先着警護の2チームに分かれ、調査は先着警護員(班)が兼ねるケースが殆どです。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

他社のトレーニングの件について

当ブログで他社様のHP等を記載している関係か、ボディーガードになりたいが、どこでトレーニングを受けたほうが良いのか?内情は?等々、他社様のトレーニングについての質問をよく頂きますが、弊所よりお答えすることはございませんので、ご理解頂きたく思います。 敢えてお伝え出来るのであれば、様々な所でトレーニングを積んでみれば如何ですか?という事です。

久々です

かなり久しぶりの投稿になります。 ブログを更新していなかった為、トレーニングは現在も実施しているのかという問い合わせを何件も頂きましたが、大変ご迷惑をお掛け致しました。 現在もトレーニング自体はおこなっており、1名の方に調査トレーニングを実施しております。 ご興味のある方はご連絡下さい。

Comments


bottom of page