top of page
  • tn0702bg

襲撃者の視点

護身において重要なのは、襲撃者の視点を持つことです。


あなた自身が襲撃者だったらどうするのか。襲撃するまでの過程や道具等を現実的に想定してみることは重要です。


道具(特に銃器や爆発物等)を使用しようと思う場合、どこで手に入れるのか、もしくは作成出来るかという点まで考慮してみてください。


どのような道具を使用する場合でも、襲撃を実行する場合、どんなに短時間であっても、待ち伏せ(張り込み)や、尾行といった監視という過程が必要になる事が理解出来ると思います。


例外として、監視ではなく、情報提供を受けてその場所に乗りこむ場合、自宅が分かっている場合に小包(手紙)爆弾等の送付等が挙げられます。



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

他社のトレーニングの件について

当ブログで他社様のHP等を記載している関係か、ボディーガードになりたいが、どこでトレーニングを受けたほうが良いのか?内情は?等々、他社様のトレーニングについての質問をよく頂きますが、弊所よりお答えすることはございませんので、ご理解頂きたく思います。 敢えてお伝え出来るのであれば、様々な所でトレーニングを積んでみれば如何ですか?という事です。

久々です

かなり久しぶりの投稿になります。 ブログを更新していなかった為、トレーニングは現在も実施しているのかという問い合わせを何件も頂きましたが、大変ご迷惑をお掛け致しました。 現在もトレーニング自体はおこなっており、1名の方に調査トレーニングを実施しております。 ご興味のある方はご連絡下さい。

Comments


bottom of page